21世紀日本の救急医療政策提言101 概要

 医師不足や国民のより質の高い医療を求めるニーズの高まりなどを要因とし、救急医療は今や崩壊寸前にある。
 救急医療の崩壊を止めるべく、また、救急医療の更なる質の向上を目指し、全国あるいは地域レベルで様々な先導的、実験的な取り組みが進められている。
 こうした先導的な取り組みを集約するとともに、21世紀日本の救急医療のかたちを見据えた戦略的事業を公募し、提言集として取りまとめる。提言集は、国会議員、地方公共団体の首長等へ提供することにより、国民目線に立った医療政策の効果的な実現を図る。

本事業は、モリコロ基金の助成事業として実施します。

主 催
特定非営利活動法人 愛知万博記念災害・救急医療研究会
後 援
総務省消防庁、愛知県、一般社団法人日本救急医学会、一般社団法人日本臨床救急医学会、
日本航空医療学会、病院前救急診療研究会、社団法人愛知県医師会

戦略的事業公募要領

応募資格

不問
共同執筆及び団体や企業のセクションとしての応募も可能です。
※応募受付は終了いたしました。

テーマ

21世紀日本の救急医療のあり方を見据えた戦略的事業

応募の条件

既に制度化された事業及び論文として公表された事業は対象としません。

応募期間

2010年7月1日(木)から11月30日(火)まで

審査

別途設置する選考委員会で厳正に審査及び選考します。

入賞

5編程度

副賞

入賞1編 10万円

主催

特定非営利活動法人 愛知万博記念災害・救急医療研究会

後援

総務省消防庁、愛知県、一般社団法人日本救急医学会、一般社団法人日本臨床救急医学会、
日本航空医療学会、病院前救急診療研究会、社団法人愛知県医師会

提言の使用

  • 入賞した提言については、「政策提言集 21世紀日本の救急医療政策提言101」に掲載します。
  • その他の提言(入賞しなかった提言)については、応募者及び提言の概要等を一覧表として作成し、
    「政策提言集 21世紀日本の救急医療政策提言101」に掲載します。
  • 入賞した提言については、掲載に当たって一部内容の修正等を依頼する場合があります。

個人情報の取扱い

  • 本事業の遂行に当たり取得した個人情報は、正当な理由のある場合を除き、第三者に提供することはありません。
  • 取得した個人情報への不正アクセス、紛失、破壊、改ざんおよび漏洩等の危険防止に努めます。

その他

本事業は、平成22年度公益信託愛・地球博開催地域社会貢献活動基金(モリコロ基金)助成事業として実施します。

応募様式ダウンロード

こちらからダウンロード (42KB) してください。

応募方法

応募の方は、応募様式をこちらの応募フォームより送付してください。

※「21世紀日本の救急医療政策提言101」の応募受付は終了いたしました。

募集チラシダウンロード

こちらからダウンロード (813KB) してください。

問い合わせ先

〒480-1195
愛知県長久手市岩作雁又1-1
愛知医科大学病院高度救命救急センター内
お問い合わせメールフォーム